TOPページ サイトマップ お問い合わせ
自然の家について
各施設紹介
トップページに戻る

千葉市少年自然の家は、平成17年4月1日にオープンいたしました。この施設は、新しい時代のニーズにあった教育サービスを子ども達に提供し、千葉市の教育の発展に貢献するとともに少年の健全な育成に資する事業を行う少年教育施設として運営しております。
当施設の趣旨を充分ご理解の上、ご利用いただきますようお願いいたします。

千葉市少年自然の家について
県立笠森鶴舞自然公園内に位置し、環境保全を第一に考えた施設です。樹木はなるべく手をつけず自然のままで残し、野生動物や昆虫などの保護のために、野外の照明一つをとっても太陽光発電などを用い、照度を極力落とすなどの工夫がされています。また、ユニバーサルデザインの設計方針に基づき、段差のない構造や多目的トイレ(一部オストメイト対応)、介護可能な専用浴室など体の不自由な方への配慮も極力なされています。
また、「少年自然の家」としては全国で初めてPFI手法を導入し、民間のノウハウを活用した効率的で効果的なサービスを提供いたします。
運営に関しては、より良い教育サービスが提供できるようにこの事業のために設立された「(株)千葉フィールズパートナーズ」が、千葉市の協力を得ながら運営を行います。運営に当たっては時代の変化や教育課題の変化だけでなく、利用者のニーズの変化に合わせて運営や活動プログラムを常に改善してまいります。


プライベート・ファイナンス・イニシアチブ事業の略で公共施設の建設や運営維持管理を民間の資金、経営・技術能力を活用し効率的で効果的な公共サービスの提供を行う事業形態。

(株)千葉フィールズパートナーズとは
(株)千葉フィールズパートナーズは伊藤忠商事(株)、戸田建設(株)、伊藤忠アーバンコミュニティ(株)、(一財)千葉YMCAで構成された特別目的会社です。伊藤忠商事(株)が全体のコーディネート、建設を戸田建設(株)、施設の維持管理を伊藤忠アーバンコミュニティ(株)が、施設の運営は(株)千葉フィールズパートナーズから委託を受け(一財)千葉YMCAが担当します。


Copyright 2005 Chiba Fields Partners, inc. All Right Reserved.