ご利用案内 ご利用案内 ご利用案内

利用における制限・変更(新型コロナ対応:2022/12/1更新)

千葉市少年自然の家では、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、利用の制限・変更を行います。利用者の皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、ご理解・ご協力をお願いいたします。

    <自然の家の対応>

    (1)「三つの密」を避けるための対応

  • ソーシャルディスタンス(1~2mを目安)を確保して活動してください。
  • ・ 使用する部屋の人数制限を行っています。
  • ・ 窓、扉の開放や定期的な建物内の換気を行っています。
  •  

    (2)感染防止のための対策

  • ・ 複数の学校・団体・家族の集まる場所(食堂など)では、マスクの着用をお願いします。
  • ・ 熱中症のリスクが高くなるおそれがある環境下(特に屋外での運動時)では、周囲と2m以上の距離を確保し、会話を控えて、マスクを外すことを推奨します。
  • 石鹸を用いたこまめな手洗い・うがい、咳エチケットの徹底をお願いします。
  • ・ ロビー、共用スペース、トイレ等に消毒液を設置しています。
  • ・ ドアノブ、エレベーターボタン等の消毒をスタッフが定期的に実施しています。
  • ・ 利用者の皆様にも、プログラムで使用した場所等の消毒をお願いする場合があります。
  •  

    (3)スタッフの安全確保

  • ・ スタッフはマスク等を着用しています。
  • ・ スタッフは出勤前の検温を行っています。
  • ・ 受付窓口にビニールカーテンを設置しています。
  •  

    (4)健康チェックの徹底

  • ・ 利用前・利用中に健康チェックをお願いしています。
  • ・ 宿泊者名簿・日帰り利用者名簿の正確な記入をお願いします。宿泊者名簿や日帰り利用者名簿等の情報は必要に応じて、保健所等の公的機関へ提供する場合があります。
  • [ 宿泊者名簿・日帰り利用者名簿 → コチラ
  • 以下の条件に当てはまる方は、利用をお控えください。利用中に体調に異変が生じた場合、利用中止をお願いする場合があります。なお、変更期限を過ぎたキャンセルは、実費(副食を含む食事代)を請求します。
  •  ◯ 発熱や咳などの風邪の症状がある場合
  •  ◯ 家族など、周囲に風邪症状のある方がいる場合
  •  ◯ 過去2週間以内に感染が引き続き拡大している国・地域への訪問歴がある場合等
  •  ◯ 移動制限を伴う緊急事態宣言発令地域からの来所等
  • [ キャセル手続き・変更手続き → コチラ

    <利用の制限>

  • 利用者相互の距離を1~2m程度確保できる内容、場所での活動かつ飛沫が飛ばないよう配慮した上での活動に限り、利用していただけます。(下記参照)
  • ・通常対応と12/1時点の制限・変更の対比 → コチラ
  •  

    (1)屋外での活動

  • 【調理活動】
  • ・ 感染対策を講じた上で実施できます。
  • ・ 調理を行う際はマスクを着用し、熱中症対策等でマスクを外す場合は、調理場所との距離を確保してください。
  •  

    (2)室内での活動

  • ・ 換気を行い、適切な距離(1~2mを目安)をとって活動してください。
  • ・ 運動を行う場合は、短時間での実施や近接する頻度を減らす工夫をしてください。
  • ・ プレイホールの更衣室は密集しないよう交代でご使用ください。
  •  

    (3)自然の家プログラム

  • ・ 新型コロナウイルス感染拡大防止における自然の家プログラムの対応・制限 → コチラ
  • ・ クライミングウォールの新型コロナウイルス対応について → コチラ
  • ・ 学校等で利用の場合、各教育委員会等のガイドラインを確認の上、実施をご検討ください。
  •  

    (4)食堂

  • ・ 座席はアクリルパーテーションを設置し、向かい合わせに座るよう配置しています。(座席数:162席) 席の移動は禁止です。
  • ・ 学校・団体・家族ごとに利用時間・座席を指定します。
  • (食堂配置図 → コチラ
  • ・ 食事後は、消毒液でテーブルを拭き、引率者や保護者の皆様が確認をお願いします。
  • 水筒への麦茶の無料補給は中止します。副食でペットボトル等をご注文いただくか、お持ち込みをお願いします。氷が必要な方は副食で注文してください。
  • ・ 感染対策を行い、バイキング形式で提供します。
  • (食堂の使い方 → コチラ
  •  

    (5)風呂

  • ・ 大浴場は、学校・団体・家族ごとに利用時間を指定します。
  • ・ 大浴場に一度に入る人数は、男女それぞれ30人程度に、シャワー室に一度に入る人数は、男女それぞれ8人程度に調整してください。
  • ・ ジャグジーは中止します。
  • ・ シャワー室は、16:00~22:00に使用できます。時間指定はありませんので、空き状況を確認して利用してください。
  • ・ 脱衣場等でマスクをはずしている時は、できるだけ会話を控えてください。
  • ・ 引率者や保護者の皆様は、使用後に消毒液で脱衣棚や洗面所の拭き掃除をお願いします。
  •  

    (6)宿泊

  • 換気扇を常時使用してください。また、こまめに窓を開けて、換気してください。
  • ・ 宿泊室内もできる限り、マスクを着用してください。
  • ・ 宿泊棟のベッドは1m以上離して設置しています。入室後すぐにリネンをつけてください。
  • ・ 1部屋に入る人数が偏らないよう部屋割りしてください。
  • ・ 宿泊室への入室は、13:00からとなります。
  •  

  • 【各部屋の最大宿泊人数】
  • ・ 宿泊棟(1・2階): 変更無し
  • ・ 宿泊棟(3階): 8人部屋→6人、6人部屋→5人
  • ・ ログハウス : 変更無し

    <利用の前に>

  • ・ 利用開始日の朝から、利用者全員(子ども・指導者・保護者等)が体調を健康観察票(個人用)に記録し、学校・団体は入所時に報告する健康観察一覧表を作成してください。
  •  [ 健康観察票・健康観察一覧表 → コチラ
  • ・ 咳やくしゃみ、だるさ等の風邪のような症状がある方や体調にご不安がある方は、ご利用をお控えください。
  • ・ マスクや体温計、消毒液等、各自が必要と思われるものはご持参ください。 
  • ・ 宿泊者名簿・日帰り利用者名簿をご提出ください。

    <利用中のお願い>

  • ・ 利用手続きの際に、学校・団体は健康観察一覧表、家族は健康観察票の確認を行います。(入所日朝の体調チェック)
  • ・ 到着時に、再度、利用者全員の健康観察を行い、体調に異変がある方は検温を実施してください。その際に、一定値以上(平熱+1℃程度)の発熱が認められる場合や、健康観察票の内容に疑義がある場合は、入所をお断りする場合があります。
  • ・ 利用者全員の体調管理のため、健康観察票を使用した健康チェックを1日2回(朝・夜)実施し、体調 が悪い方がいる場合はサービスセンター事務所に報告してください。
  • ・ すべての活動において、諸室を利用する際は常時換気を行ってください。(宿泊部屋には換気扇有り)
  • ・ 複数の学校・団体・家族の集まる場所(食堂など)では、マスクの着用をお願いします。熱中症のリスクが高くなるおそれがある環境下では、状況に合わせてマスクの脱着をしてください。
  • ・ 石鹸を用いたこまめな手洗い・うがい、咳エチケットの徹底をお願いします。
  • ・ プログラムで使用した用具や場所等の消毒をお願いする場合があります。

    <感染が疑われる場合>

  • ・ 感染が疑われる症状(以下のいずれかに該当する場合)があったら、直ちにスタッフまで報告してください。
  •  ① 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合
  •  ② 重症化しやすい方(※)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合
  •   ※ 高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方
  • ・ 感染が疑われる方は、別室で待機していただき、お迎えが来たら退所となります。状況により、保健所へ連絡させていただく場合があります。

    <キャンセルに伴う料金>

  • ・ 緊急事態宣言、 まん延防止等重点措置発令中のキャンセル特別対応は2022/3/21で終了しました。
  • 変更やキャンセルが決まりましたら、速やかにお知らせください。
  •  [ 通常時のキャンセル・変更期限 → コチラ