トップページに戻る
千葉市少年自然の家
 

たけのこ三昧!

みんなで春を掘り起こそう

家族で様々なことにチャレンジする2日間です。ファミリーキャンプでは、テーマに沿って参加者全員で同じプログラムを行います。
新しいことに取り組んだり、学年の違うお友だちと触れ合ったりするなど、子ども達の成長へとつながる場がたくさんあります。また、自分の家族だけでプログラムを行うだけではなく、他の家族と協力するプログラムもあります。協力することの大切さを再認識し、自然の中にあるログハウスでの、ゆったりとした時間を過ごしましょう。
日 時:

平成26年4月12日(土)〜13日(日) ※終了しました

対 象:
千葉市内、市外の小学生、中学生を含むご家族

参加費:

・小学生:4,250円
・中学生:4,460円 
・大人(市内):5,280円 大人(市外):6,100円
・未就学児(3歳〜6歳):3,880円
・乳児(3歳未満):530円
参加費には施設使用料、リネン代、食事代(夕1回、朝1回、昼2回)、プログラム代、消費税等が含まれています。
※乳児のプログラム代、食事代は含まれません。
※たけのこ代別途。

定 員:
18組
内 容:

12日/たけのこ掘り・竹の器作り
13日/たけのこを使った昼食作り

宿 泊:

ログハウス棟
(1家族もしくは1グループにつき1棟)
※全部屋冷暖房完備

申込み:

申込締切:3月15日(土)  ※終了しました

↑詳細はクリック

 平成26年度第1回のファミリーキャンプを、4月12日(土)〜13日(日)に行いました。18家族77名のみなさんと、たけのこ三昧の2日間を過ごしました。

 1日目、まずは参加者同士が仲よくなれるようなゲームを行い、一緒に過ごす家族同士の交流を深めました。
昼食は、地元食材で作った無添加の手作りお弁当を食べました。お味噌汁は、たけのこ入り!みんな、その美味しさに大満足でした。
 午後からは、たけのこ掘りへ出かけました。みんなで「たけのこ掘るぞー!」と気合いを入れ、出発です。自然の家から歩いて30分のところにある竹林に向かいました。少し距離はありましたが、天気がよく、春の日差しを浴びながら歩いたので、とても気持ちよかったです。 到着すると、たけのこ掘り名人の根本さんから「たけのこは真っ直ぐ伸びてないから曲がっている方向を確認して掘るんだ。」と、掘り方を伝授して頂きました。そして、たけのこ掘りのスタートです!前日スタッフが下見をした時には、「大丈夫かな・・・たけのこ足りるだろうか・・・」と心配しましたが、そんな心配が嘘のように「こっちにあったよ!」「こっちにも大きいのがあった!」と次から次へと歓喜の声が聞こえました。見つけたたけのこを「まだかな〜もう少しかな〜」と鍬(くわ)を使い、家族で協力しながら掘っていくと、予想以上の大豊作で子どもたちも満足そうでした。 たけのこと一緒に、翌日の野外炊飯で使用する食器用の竹も切らせて頂きました。みんなで切り倒した竹を、自分たちの必要な分だけノコギリで切りました。太い部分を選んだ家族は一苦労でしたが、みんなで交代しながら、大きな竹を無事に切ることができました。
 夜のプログラムは切った竹を使って、汁物用のお椀とご飯・おかず用のお皿作りをしました。竹を食器の大きさに切り、やすりをかけて仕上げます。それぞれ個性豊かで、竹のいい香りがするお椀とお皿が完成しました。

 2日目は野外炊飯場でたけのこ料理を作りました。たけのこご飯にたけのこの味噌汁、焼きたけのこと、たけのこ三昧のメニューです。デザートには桜あんの羊羹も作りました。焼きたけのこは、自分たちで取ってきたたけのこをホイルに包みかまどで焼きました。たけのこ独特の「えぐみ」も子どもたちにとっては初体験です。子どもたちは、実際に自分たちの舌で味わい、「えぐみ」の意味を学んでいました。

 2日間、天候に恵まれ、気持ちのよい春の空気の中で今年度最初のファミリーキャンプを実施することができました。今回ご参加頂いた皆様には十二分に春を掘り起こし、感じていただけたのではないでしょうか。今後も、ご家族一緒に季節を感じながら、日常とは一味違った体験をしてもらえるプログラムを行っていきたいと考えています。

〈たけのこ掘り〉
  

〈竹の器作り〉
  


〈たけのこを使った野外炊飯〉
  
 

〈参加者の皆さん〉

↑ 詳しくはお電話ください↑

主催、問合せ先:千葉市少年自然の家 Tel 0475-35-1131
Copyright 2005 Chiba Fields Partners, inc. All Right Reserved.